職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定

審査認定機関: 日本規格協会ソリューションズ株式会社

職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定(イメージ)

職業訓練サービスを提供する
民間教育訓練機関の
質の向上に関する取り組みを支援します

このWebサイトでは、日本規格協会ソリューションズ(株)が厚生労働省より委託を受けて実施する、
「令和元年度職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」審査認定のための事業についてのご案内を行っております。

お知らせ

2019年8月19日
「令和元年度職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」の申請受付期間は下記です。

申請書類の受付開始 : 令和元年 8月30日(金)
申請書類の提出期限(受付期限): 令和元年10月31日(木)

2019年8月19日
本ウェブサイトをオープンしました。

ガイドライン適合事業所認定の概要

「職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」(以下、「ガイドライン適合事業所認定」という。)は、厚生労働省が実施する認定事業です。「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)に基づき、公的職業訓練及び教育訓練給付制度の指定講座の質の向上に取り組んでいる民間教育訓練機関に対して、厚生労働省から委託を受けた審査認定機関が審査を行い、ガイドラインに対する適合の可否を認定する制度です。

厚生労働省は、平成23年12月22日に民間教育訓練機関の質の保証や向上の取組を支援するためにガイドラインを策定し、平成30年度から本認定事業を開始しました。

認定制度についての情報は「職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定 Webサイト」に詳しく掲載されております。下記バナー画像をクリックして、ご確認ください。

職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定 Webサイト

ガイドライン適合事業所認定制度の運営体制について

ガイドライン適合事業所認定制度は、厚生労働省から委託を受けた運営受託団体及び審査認定機関により運営されております。

認定取得のメリット

ガイドライン適合事業所認定制度の認定取得のメリットとして、下図のような組織内のメリットと、対外的なメリットが期待できます。

また、審査認定機関から認定を受けた事業所(適合事業所)は、ガイドラインに適合していることの証として
職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定の認定マーク」を使用することができます。